FC2ブログ
尾瀬、2007秋、その1。
再び訪れる機会がやってきた尾瀬。

およそ一年ぶりである。

今回は土曜出発、宿泊、日曜歩き、というもの。

主催はOやま氏。いつもすみませんねぇ。

土曜は二時過ぎに、S氏が迎えにきてくれた。
そして鶴ヶ島へ。
今回のガイド、Kさんを拾うべく。

山から下りたKさんは、一年前と比べてさっぱりとこぎれいになっていた。
(それを本人に言ったら、こらー、と言われたけどさ)

俗世と離れると、なぜかこきたなくなるのよね。
なぜかしらね。(およそ10年前に経験済み、in China)

戸倉に着いたのは、すっかり暗くなってからだった。

早速自己紹介。

今書こうと思ったら、イニシャルがKの多いこと・・・。
ちなみに私もだ。

Oやまご夫婦。
KIさんご夫婦。
KAさん。
KOさん。
S氏。
KUさん。(今回の隊長)

総勢9名の大所帯。

みなさん私よりも年上の方が多かったけど、どの方もお若く見える。

S氏はあまりの衝撃でのけぞっていた。
確かに気持ちはわかる。
自転車だとか、スノボーだとか、アウトドアが好きだとか、みんなアクティブに行動しているからだろうか。

御飯を食べながら、軽く打ち合わせをして就寝。
昨日飲みすぎたので、今日は自粛。


翌朝5時起床。
御飯を食べない分、支度はあっという間にすんだ。

外はくもり空。
風が強く、雲が早いスピードで流れていく。

尾瀬戸倉から、鳩待峠まで車で。

山を登っていく途中、道々の草木が白く染まっていた。
まさかと思ったが、雪だった。
寒いわけだよ。

駐車場はぎりぎりで入ることができた。
寒いので、朝ごはんを車の中で食べる。

あまりの寒さに、レインウエアを着ることにした。
山は恐ろしいね。甘くみたらあかんよ。

6時45分、準備運動をしてから出発。

しばらくは滑りやすい石の階段をおりていきます。
右から吹き付ける冷たい雪まじりの風。

さむぃぃぃぃ~~~。

毛糸の帽子とマフラー、軍手を持ってきてよかった・・・!
gaoからは、以前この帽子をかぶっているときに、「五郎」と言われたが・・・

そんなの関係ねぇ!


dscf1002.jpg


山の鼻まであと少し。


dscf1005.jpg


この木の名前は?宿題と言われました。


dscf1006.jpg


ビジターセンターのくまさん。

冬毛はモハモハよ。

dscf1008.jpg


そして、尾瀬ヶ原へ。
天気悪いねぇ。

でも少しすると・・・

dscf1013.jpg


陽が差し込んできました!

dscf1014.jpg


一瞬で景色が変わります。

dscf1015.jpg


紅葉まっさかり。

dscf1016.jpg


夏には水芭蕉が群生してるんだって。

dscf1018.jpg


ななかまど。寒い時期でも紅い実が鮮やかです。
北海道にいったときにも、たくさんみかけたね。

dscf1023.jpg



続きはまたあとで。
スポンサーサイト



[2007/10/23 23:42] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<尾瀬、2007秋、その2。 | ホーム | 尾瀬、2007秋。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shamio55.blog112.fc2.com/tb.php/789-59343aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR