FC2ブログ
山口・広島 2009初秋、その4 ~戦争と平和~
ドリアンさんを後にした我々一行、今日は戦争と平和について考える日です。

歩いて地方には決まってあるアーケードの商店街を抜けていく。
旅はやっぱ基本は徒歩。
そうして初めて自分のいる位置だとか把握できて、なおかつその地域の雰囲気を感じ取れる。
人々の話す方言を聞くのもまた楽しい。

まずは本通から一本入った袋町小学校
かの有名な広島アンデルセンの近くです。
(全国各地にあるアンデルセン、本店はここ広島です)

image495.jpg


恐ろしく近代的な真新しい校舎の隣にひっそりと存在します。

ここでは、被爆直後すすけた壁に、白いチョークで伝言が残されていきました。
家族や知人の消息を尋ねる伝言。
ほんとにリアルです。

被爆した直後はきっとだれもがだれかを探している日々だったのでしょう。

爆心地に近いここでは、たくさんの人たちが集まる救護所でした。

とある先生が生徒の安否を尋ねるのがきっかけで、その他のたくさんの人たちの伝言が書き残されました。

いくつかの展示の中で、現在の袋町小学校の生徒が書いた壁新聞が印象に残りました。

平和学習に、どこの都市よりも力を入れているのがわかります。
こんな小さなころから、こんなにたくさんの情報をまるですりこみのように教え込まれるんだろうなぁ・・・。

それはここが、ヒロシマという土地だからなんだろうけど。





スポンサーサイト



[2009/10/01 00:23] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<山口・広島 2009初秋、その5 ~戦争と平和~ | ホーム | デュヌラルテとジャンフランソワ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shamio55.blog112.fc2.com/tb.php/61-fbe9b83d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR