FC2ブログ
日曜日は。
午前、休日出勤。

憤りながら仕事。
2時まで。

東京駅経由で丸の内の美術館。

え、来週から・・?
間違えたね・・。

そして神楽坂へ。

紀の善で抹茶ババロア、は流石に時間なく。

肉まん食べて、神社にお参りして、いざアコメヤさん。

酒匠と語ろう、越後村上の伝統工芸品を地元の酒と肴で楽しむ、てなイベント。



なんと無料なの。
すごくね?
500円くらい出してもよかったかもしれない。
(でも500円)

村上堆朱、という漆器の良さをずっと聴いてるようなかんじ。
後半酒が入るともはやBGMのようになっていたが。
いや、ところどころちゃんと聴いてましたよ。

塗り、ってさ、日本各地あるけど、ほんとピンキリよね。
輪島塗なんて、なんであんなたけーの?とか思うし。
そういった意味でいえば、今日の漆器、堆朱というのか、はほんとうに日常的に使えるものだなーと。
漆器店の店主がずっと使ってるものなんて、ほんとにとてもよい艶が出ててすばらしかった。
昨日は使えなくて、悲しかった、ておっしゃってたけど、わかる。
好きな器で酒は楽しみたいもんね。



そうはいってもそこは腐っても漆器だけらさ、アコメヤさんの販売価格は、酒杯8000円からですけどね。
まぁ安くはないわ。うん。
でも結局いいものは大切に長く使っていければ、コストパフォーマンスは抜群なんだよなー。
ま、いいものを使ってる、ていう自己満足の世界もあるかもなんだけどさ。

先日日本酒大江戸祭りでお会いした方にばったりお会いして(やっぱ狭い世界)、以前から使っている村上堆朱が割れてしまったのを金継ぎしながら使ってらっしゃるのを見て、やはりなーと。

そしてお料理とお酒。

先日の葬式で新潟の鮭のうまさは存分にわかったんだけども、今日の塩引鮭もよかった。
ほんとに酒の肴。
あとね、牛肉もとてもよかった。これも意外。



〆張鶴と大洋盛。

〆張は地元で消費されてる700いくらとか、そんなやつ。
あたしゃ、そういう酒がもんのすごく好きなんだよねー。
この間妙高でも地元向けの酒は四合で700円台だった・・。
さすが新潟。
日常で飲むやつだわ。
これ地元じゃ温めてるだろうな・・。



辛辣なことをいうようだけど、こんな風に伝統工芸品をアピールしてかないと、廃れる一方なんだよね。
ここ最近は日本のここがすごい!みたいなの、たくさんやってて正直辟易してんだけど、それでもやっぱりよいものは残って欲しい。
当事者じゃないから軽くいうけども。

塗りに使う刷毛は、一度も髪の毛を切ったことのない子供の毛を使うんだと。
先端がシャープだから。
でもそんな刷毛を作るところも残り少ない、とかさ。

まぁ。酔っ払っていろいろこぼしたり、倒したりしながら、そんなことを思って飲むわけさ。

帰りは大手町のイータリー。

ここではマルゲリータを食え!

食材はほんとによいと思う。
ワインもうまい。

Mの衝撃の話を聞きながら。

飲むと毒舌に輪がかかるな。
気をつけねば。
気をつけてても思った事すぐいっちゃうけど。








スポンサーサイト



[2020/02/09 21:29] | 遊び | コメント(0) |
<<今年も。 | ホーム | 今日のひとりごと。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR