FC2ブログ
尾瀬2008、盛夏、その1.
今回の行程は、昨日のミーティングより、

鳩待峠>>>尾瀬ケ原>>>東電小屋>>>平滑の滝>>>三条の滝>>>見晴(山小屋一泊)
>>>尾瀬沼>>>長蔵小屋にて昼食>>>大清水

というルート。

これだと帰りが下りなので、少し楽。

今回もガイドはKさん。
私と同じ年の、ガイドとはいえどある意味ゆるゆるなところがいいです。
適当にほっておいてくれたりするし。

ゆるゆるとはいっても、さすがにそこはプロ。

花の名前はよく知ってること。

というのも、過去二回秋にしか来たことがなかったので、Kさんの本領をあまり拝見することができなかったわけだ。

さすがに夏は草花の宝庫ですよ、尾瀬は。
先日行ったばかりの屋久島と比べて、草花に優しさが感じられるのは気のせいじゃないよなぁ。

屋久島は、荒々しいかんじで、だてに何千年も生きとりませんぜ!
という雰囲気ががんがん出てたもん。


そういうわけで一日目は、いつもの高原ホテルから、バスで鳩待峠まで。900円なり。

6時半のバスで、およそ7時過ぎに到着。

そこから準備運動をして、いざ出発です。

慣れたもんよ、この下り道も。

Kさんがいろいろ花の名前を教えてくれるんだけど、これがいかんせん頭に入ってこない。
私は、耳から覚えるタイプではなく、書いて覚えるタイプなもんで。

ま、尾瀬植物手帳なるものを、昨日本屋さんで買いましたので、それを見ながらアップしてまいりたいと存じます。


というわけでこちら。

img20080805_1.jpg


・・・なんですかね?
調べたけど、よくわからん。
グミみたいな・・・。


おまけに今回カメラを不携帯。
携帯のカメラからなので、画像が悪いんさ~。


img20080805_2.jpg


天気は晴れ。ま、しゃみお&gaoがいるからな!
至仏山がきれいに見えますね。

img20080805_3.jpg


(たぶん)ヤグルマソウ。
鯉のぼりをたてるときの、てっぺんいあるやつね。


img20080805_4.jpg


水芭蕉の葉っぱ。
こうしてみると、大きさがまったくわからないけど、かなりでかい。
あの可憐な姿から、どうしてこのような巨大な葉になるのか。
理解できん。
1メートルくらいある???

img20080805_6.jpg


アザミ。
とげとげしいが、色がきれいでかわいらしい。

img20080805_7.jpg


ビジターセンター手前の橋にて。
これはなんでしょうか?


img20080805_8.jpg


ここまで来たら、尾瀬ケ原はすぐ目の前!

img20080805_9.jpg


どぉ~ん。やってまいりました、尾瀬ケ原。

スポンサーサイト



[2008/08/05 00:57] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<尾瀬2008、盛夏その2 | ホーム | 尾瀬2008、盛夏。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shamio55.blog112.fc2.com/tb.php/502-b66d19b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR