FC2ブログ
発酵の里こうざき酒蔵まつり2019。
9時現地着、とするとえらく早起きをせねばならぬ。

が。
10時着の臨時列車の到着とかぶるとなると、えらい混雑するからなー。






成田からの列車は都内の朝のラッシュか!?
というくらいの混雑ぶり。



駅も大混雑。
チャージはしっかりしておこう。

そして駅からは徒歩で15分ほど。

まずは仁勇さんに立ち寄るかー。


無料試飲のほうはえらく並んでいる。
金出してすぐに買える方に並ぶ。







このサバの味噌煮あたりだった。
ぬたも煮込みもうまい。

ワンコインならよいのではないか?

ビニールシート持ってきてよかった。
端っこの方でプチ宴会。



蔵見学もできる。

酒米の試食も。

良心的だなー。





樽酒てうまいよね。


そして寺田本家に向かう。

そこまでの道のりにはたくさんのお店が。
いわゆるテキ屋みたいなのは少なくて、個人でやってる、とくに無添加とか、野菜とか、そういったのが多いイメージ。

第1ステージの角曲がります。
舞台はこじんまり。
アットホームなかんじだわー。

そして寺田本家でチケット購入。
500円なりー。

あわあわのが一番飲みやすい。

そして一同乾杯のため、裏の神社へ。
階段結構のぼります。

なんじゃもんじゃの木の下で。
振る舞い酒。
司会者は役場の方?!
どこかの営業になれるくらい饒舌だわ。


その昔利根川は曲がりくねっていて、この神社を取り囲むように形成されていた。
ゆえに、ここが神の崎、でこうざき、と。
なるほどー。


そしてみんなでかんぱーい!

またてくてく裏山から下って寺田本家さん。
裏蔵フェスタ、てとこだな。
なんかみなヒッピーぽい。



ここもうちょっとゆっくりみたかったなー。

ワークショップもうりきれ、見学もいっぱい。
お酒は酸味が強烈。
ここのお酒は別次元だわ。
香取、は燗酒で飲んだことあったなー。

そして再び出店を見て回る。





お湯入れてこねこね。
のびー。
うまー。

でもちょっと高くないですかね?






なんだっけ。
懐古酒?



やすい方の塩を買う。

落花生、半立という種類の、うまい、を買ったり。

NO RICE
NO LIFE

の前掛け買ったり。

発酵道、の本買ったり。

糀買ったり。

そういや、本当ならば麹ではなく、糀、の漢字を使うべきだ、とは小泉センセーがおっしゃっていたんだっけ。

麦ではなく、米、ね。


結局1時過ぎには会場を後にする。

驚いたのは、地元のおせんべいやさんが出展してたこと。

あれ?
先週お会いしてますよね・・?

玄米つかったのが美味しいのよね。


そして帰りの電車もいっぱいだー。


成田で途中下車。

川豊さんでうなぎ。

甘みは控えめ、相変わらず美味しい。
子どものころ食べて以来だわー。




軒先でさばいてる光景は変わらず。

変わらずに在り続ける、ていうのもすごいことだわ。


スポンサーサイト



[2019/03/18 23:22] | おでかけ | コメント(0) |
<<れんこんだか、だいこんだか。 | ホーム | 民謡酒場。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR