FC2ブログ
2019年2月、島根の旅。その11。
大山Gビールというよりかは、地元ではガンバリウス、というレストランの名称のほうが通じる。

20分ほどで着きました。
4000円はかかったなー。

ガンバリウスのとなりが、久米桜さん。

雪残ってた。



昨日の話だと、裏手からピンポン押してくれればよい、との話だったが。
無理くり正面からお邪魔する。



ごめんくださーい。

なんか雑然としてる中、もじゃもじゃ杜氏(と、桔梗屋さんや、あてやさんがおっしゃってた)登場。

サンダル履きでラフな格好です。

入ってすぐにお米がバケツに入って準備されてた。
仕込みの真っ只中だよなー。
ほんとにすみません。
お昼休みなのか、人はいらっしゃらなかった。



仕込み水な話や、軟水なんだと、お米の話。
軟水だけど最後にざらっと感。と。いわれてみればそんなような。
八郷、という銘柄は、来る途中で見かけた写真美術館あたりのことを指すよう。



このあたり。
大山きれい。

地元で作る酒米、玉栄やら。
山田錦やら。

水に漬け込む時間の話やら。
実は秒単位でもないらしい、とか。

ここにアップできない仕込みの工程表とか。

今日は納豆食べてないです。




泡あり、泡なし酵母の違いとか。
泡なしのほうが掃除が楽なんだって。
でも泡ありのほうが、味の土台がしっかりしてるかんじがするとな。



酒母。

速醸と生酛の酵母の違いやら。

さすがに麹室は入れてもらえないし、杜氏しか入れないとか。



日置桜と久米桜さんの関係性とか。
こ、ここまでいっていいの?
というくらいお話してくださったわ。

ほんとは杜氏が前に出て来ることなく、お酒でアピールできれば的なことを、おっしゃっていたが・・

もんのすごく弁がたつし、熱く語るし、おもしろいし、杜氏兼営業向きなのでは・・とはまさか言えまい。
(あ、言ったかも)

前は全然違う香り系のものをつくっていたが、ここ三年は燗向きのを作っているよう。

地元の人は納得するのか?
ていう話も含めて。

そして試飲させてもらうことに。


男所帯?
雑然としてますが笑



試飲用のおちょこはきれい。

このオレンジぽいラベルの、美味しかった。
もうないんだとさー。

あとねー
8号酵母てのがあったのー。
しかもそれを低温で醸したんだってー。

酸っぱいっす。
好みとはいいがたいが、おもしろいよねー。




ラベルはみな考えてると。
ゴム印の手作り感!
かわいいが作るの大変 笑

お酒のイメージとラベルのイメージてかぶるよねー。


たくさんお話していただいた。
なんもお礼できんかった・・。
菓子折りの一つでも持って行くべきだったよなぁ。ばかばか。


日暮里ののだやさんで取り扱ってるそう。
飲んで応援するだす。

洗練さ、みたいなのはまだなんだけど、伸び代はかんじる。ていうか。(なんという上から目線)


こうしてきてみることで色々知ることはできるのであった。



ありがとうございました!

勉強になりました!

そして一介のOLはいったいどこに向かうのか、てな話なんですわ。

そして杜氏さんの手は白くきれいなのであった。

糀、すごいな。
甘酒自作してたときは、2週間ほどで肌の白さを感じたからなぁ。
また作るかなぁ。
めんどくさいけど。




スポンサーサイト



[2019/02/18 22:26] | 旅行 | コメント(0) |
<<2019年2月、島根の旅。その12。 | ホーム | 2019年2月、島根の旅。その10。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR