FC2ブログ
長野・上高地2008秋、その4
風邪から完全復活・・・!

というわけでもなく。

ときおり、

げほーっ

というすごい咳をして、周囲の人々をひかせているしゃみおでございます。

みなさま、ご心配いただきましてどうも。
お見舞いの品はいつでも受付中よ。

ま、頭は比較的しゃんとしてきたので、再び上高地編。


明けて19日(日)。
窓の外(角部屋、河童橋がよく見える部屋だったのだ)の河童橋の欄干は、白く見える。

もしかして、雪じゃん?

とテンションのあがるわれら一行。

しかし、実際には霜だったんだけどね。

隣の部屋は朝5時過ぎにはごそごそと音が。
そりゃ、上高地を拠点に山登りに行こう、って人たちがそろってるんだもんな。
当然か。

でもこの団体はゆっくり睡眠派。

9時過ぎにようやく始動。

今日は河童橋から、徳沢方面をめざし、新村橋を渡り、明神池を通って戻るコース。
所要、約5時間のハイキングコースを予定。
頼んでおいたお弁当を持参し、いざ出発!


dscf1885.jpg


朝の景色はまたちがった感じね・・・

dscf1887.jpg


くわphotoに負けるな!

dscf1889.jpg


山の稜線がはっきりと見える。

今日もいい天気だ。
神様、どうもありがとう。


日本アルプスを舞台にした漫画、「岳」っていうのがあるんだけど、ここ上高地から入山していくのよね~
ここを歩いて行けば、三歩に会えるんだわ~(←アホ)

(実際にはこの漫画は、山岳救助ボランティアで遭難した人を助けるものだから、三歩に会うときには、瀕死の状態であることが多いんだけどさ)

およそ1時間歩くと明神橋方面にいくか、徳沢方面にいくかの分かれ道に到着。
本格的登山をする人たちは徳沢方面に行くのさ。

実際ここから徳沢方面は、ハイキング気分の格好の人たちはめっきりいなくなる。
すれ違う人もまばらです。

穂高なんて、日本を代表する山だもんね・・・
ここを通って、帰ってこれなかった人もいるんだよなぁ・・・

実際に目では見えてるけど、ほんとはこの世に存在しないもの、ってことも十分あり得るのではないか。
自分で死んだことに気づかないで歩いていたりね、

などと、不謹慎なことを言いながら、それでもペースを落とすことなく歩く。


dscf1891.jpg


再び歩くこと1時間。
徳沢到着。

dscf1893.jpg


井上靖が、「氷壁」を書いたところや~。

ま、それはさておき名物とやらのソフトクリームをいただく。

このソフトクリーム、まじうまい。
なんで、こんなところでこんなにうまい?
疲れて食しているのを差し引いてもうまいぞ?(写真ないです)

ま、それはさておきこの徳沢はなかなかよいとこ。

徳沢園というところなんて、雰囲気いいしね。

ただし、上高地から徒歩2時間という交通手段が、ちょっと難点か。











スポンサーサイト



[2008/10/28 23:50] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<槍ヶ岳開山。 | ホーム | 風邪。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shamio55.blog112.fc2.com/tb.php/419-d206de34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR