精霊の守り人。
綾瀬はるか主演でやってるので読み返し。

配役はまぁ置いといて、映像化するとこんなイメージなのか。
ファンタジーは、それぞれ自分のもつイメージがあるけど、それを具現化してくれるところがありがたいな。
技術力あってのことだけど。

この製作秘話みたいなので、ファンタジーは衣装が大変だ、ていう話。
様々な国の少数民族などを参考にして作り上げたと。
確かに環境によって、その土地に住む人々の服装は変わるし、ましてや存在しない国のものを作り出すわけだからねぇ。

バルサの槍カバーは、絶対モコモコ!モコモコは外せない!と最初から決めてた、といってた(笑)
バルサのような女用心棒の厳しさを、せめて一つくらいは、毛皮のもつ可愛さとほっとする感じで和らげたい、みたいな話だったか。

上橋先生自身は、ほんとに普通の、やさしげなおばさんなのになー。
よくこんな話を思いつくわ。
さすがアボリジニの研究者。これが根底にあるのは間違いない。


にしても。

このストーリーの中でわたしが最も好きな、バルサとジグロの、息つくことさえも忘れるような決闘のシーンはどう描くんだろうか。


へんなふうにして、ガッカリ、ていうのは許さんからね、わし。


スポンサーサイト
[2016/04/08 08:49] | | コメント(0) |
<<下見。 | ホーム | あやしい彼女。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR