FC2ブログ
2014、2月徳島の旅。虎屋壺中庵。
この感動を忘れぬうちに備忘録。

今回の旅の目的のひとつ。
虎屋壺中庵。

もう何年もまえからいってみたいと思っていたのだ。
佐那河内という徳島駅から17キロほどの場所。
ほんとにわざわざ出向かなくてはならないお店なのであります。

とあるお店にいく、というただひとつの目的のためだけに付き合ってくれる人なんてそうそう・・いたね、身近に。
ありがたいことでございます。

約1時間、路線バスの旅。
ついにはだれもいなくなった。



えらい山の中じゃあ~。
どこさ連れていかれるだぁ~。



朝宮で下車。
ふう。



きたね。
ようやく。



水打ってある。
そうだよねぇ。
さすがだ。

吉兆の創業者、湯木さんのお弟子さんのお店。
ご夫婦でやってるみたいです。

からり、と開けるとすでにおかみさんが待っていてくださる。
バスの時間伝えていたから、予め待ってくださっていたんだろうなぁ。

なんか親戚のうちにお邪魔しにきたかんじ。
飾り気のない、でもどこもかしもこきれいに磨かれている。
ガラスも曇りひとつない。

通された個室には、掛軸と花入れ。
掛軸は山部赤人の和歌、花入には蝋梅と白の椿。

静かだ。
他にお客さんがいない模様。
なんて贅沢な!

まずはこちら。
あられ浮いてます。






先付。

からし菜にクルミを和えたもの。ナマコ酢。鯖すし。

うお!
うまい!
なんだ?

すごく滋味溢れる味だ。
へぇー、そうか、クルミもものすごく丁寧にすってあるんだな。

なまこもこんな食感のは初めてだ。
んまい~!

おすしもさっぱりしてる。

日本酒いただくことに。
なんでもこのあたりの酒蔵さんと一緒に、酒米をつくるところからやってるんだって~。

含むと旨味と複雑味。
でも飲み進めるとどんどんいけちゃうね~。へぇ、おもしろい、あまりのんだことのない感じだ。



たけのこ!
うれしすぎる!
大好きなのよ!

しかもまだこんな時期なのに!

わかめはさすがお膝元よね~。
食感が全然違う。
しゃきしゃき。
しかもいくつかの部位で、その食感も変わるのね。

たけのこはいままでないくらいの甘さ!たけのこでほくほく、てのもおかしいけど、すみません、彦摩呂じゃないもので、あまりうまく表現できない。

うまい~。


なんでだ?
やはり食材の差なのか?
極力まで塩をつかわず、これこそが素材の味を引き出す、てことか!

と、はっとする出汁のひきかた。


すげー、日本料理、まじ、すげー!


続きます。
スポンサーサイト



[2014/02/02 02:27] | 旅行 | コメント(2) |
<<2014、2月徳島の旅。虎屋壺中庵。その2。 | ホーム | 2014、2月徳島の旅。>>
コメント
山岡四郎とか味王様みたいですね。その感動的な店、行ってみたいもんです。
[2014/02/02 07:47] URL | s #- [ 編集 ]
なかなか遠いですが、ほんとみなさんに行っていただきたいよいお店でした。

夜は12000円と、15000円のコースです。
[2014/02/03 08:20] URL | しゃみお #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR