FC2ブログ
八丈島@2011年7月16日。

わてらは基本的にやりたいことはやればいんじゃない、というスタンスなので、その行動も自由だ。

gaoとMは朝早くに起きて八丈富士に登りたいとな。

ヒー、早く起きてとかマジ、リームーってかんじだし!としゃみお&M川。

というわけで、わてらは7時半まで惰眠を貪り、彼女たちは5時に山へ向かいましたとサ。

8時過ぎに戻ってきた彼女たち、頂上近辺は草ボーボーで結局たどり着けなかったらしい。
残念でした。
そしてキリで服はびしょ濡れ。
下界とは全然違うのね~

朝ごはんをゆっくり食べ、のんびり準備をし、10時半発。

まずは八丈島の歴史を知るべく、民俗資料館へ。
昔ながらの建物。
団扇片手にぶらぶら見学。


あ、ちなみに三連休初日だけど、基本的に人はどこも少ない。
つまりあまり人に会わない。

道は空いていて運転が好きでないわたくしも走りやすいですよ。
山道は多いけどね。

んで、わてら基本ノープランなもんで、さて次はどうするかと。
中之郷に直売所あるってんでそちらへ移動。

免許とって3年のgaoの運転。
みなひやひやである。

わーわー言われるのに疲れたのか途中で交代。

海が見える足湯でのんびり。

八丈島に砂浜はなく岩場ばかり。台風が近づいているせいか、火曜サスペンスの世界が広がっている。真下には断崖が広がり、荒々しく波しぶきがあがってます。


高波に注意。

覗き込むとおそらく結構な水深。飲み込まれそうでこわい。

途中の古民家カフェ、中之郷でしばし休息。

そして温泉でも行くべか、というわけで末吉へ移動。
みはらしの湯はその名の通り、見晴らしがよい。

なんだなんだなんだ。
この絶景は。

日差しは強いが海がきれいにみえる。これで天気悪かったら厳しいな。
晴れててよかったわ。
んで再び街中方面へ。

黄八丈のお店。
八丈島は黄八丈が先で、そのあと八丈島って名前がついたと。
へー。

昔の人の知恵はすごい。
染織を少し勉強したことがあるので、媒染の話とか興味深い。

財布とネクタイ購入。
やはりそれなりに値段張ります。

玉石垣で写真撮って、簗山泊。

島寿司は店によって味全然違うのね。
この店は若干甘め。

島流し、黒潮などの焼酎。

ネリ(オクラ)の天ぷらうまし!
明日葉餃子、トビウオのさつまあげ、たこぶつ切りを島唐辛子で。里芋コロッケ。
次々と片付けて。


ハイ、結果いい値段。

でも教えてくれた光るキノコのガイド、Kさんに感謝!

わが人生に一片の悔いなし!
スポンサーサイト



[2011/07/17 11:45] | 未分類 | コメント(0) |
<<20110715@八丈島一日目。写真。 | ホーム | 明日葉は石油味。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR