FC2ブログ
八丈島@2011年7月15日。
いつものメンバー4人で八丈島。

11時35分発の飛行機。
gaoは異常な早さで羽田入り、わたしゃ8時半前にようやくパッキン終了。

おそっ、といわれるが、きっちり約束の時間には到着。
ちょうじりは合わせてくる女なのだ。

んで、飛行機は小型。
3列、3列の並び。平日なのに満員である。
昼からビール。周りでは誰も飲んでないけど。
いいんだ、今回のコンセプトはとことんのんびりする、だから。

いまごろみんな働いてるんだろーなー。えへ。

私の自由人ぶりもみな知っていて、寛容なので、ま、よしとする。
今日の運転は免除してもらったが明日はそうもいかぬな。

んで、あっという間の旅ですよ。50分?飛んだ、と思ったら着いた。

滑走路が異常に短いので、すごい急ブレーキ。無事到着。

空港には篠原ともえがいた。首ほそっこかったなー。

んで、レンタカー借りてまずはスーパーあさぬまへ。
島寿司買って、涼しいところでごはんを食べようと。
八丈富士をめざす。

八丈島はこじんまりとしてるので、ものの30分もしないうちにふれあい牧場到着。

牛さんいっぱい。
高台にある展望台から飛行機が飛び立つのをみながら昼食。

空が青い。近い。
海が青い。広い。

島だなあ。ほんとに遮るものがない。
台風の被害が甚大というのもうなづける話。

江戸時代、島流しなんてあった人たちはこの孤島を見たときにどれだけ絶望したのだろう。

実際には非常によいところではあるけどね。

ぐるっと回って八丈小島をみる。
今は山羊しかいない島。

そして早めにホテルにチェックイン。
エントランスから青い海が見える開放感いっぱいのホテル。そしてしばし昼寝。


7時半から光るキノコを見に植物園へ。道に迷い鬱蒼としたジャングルのようなところを抜ける。
インディージョーンズのテーマ曲が頭をまわる。

ようやく到着。
保険だけど名前書くだけでいんだって。そしていざ森へ。

おもろいガイドさんのおかげで楽しめた。
ヤコウタケ。10本あったら新聞が読めるほどだとな。
ほんまかいな。
2、3センチの小さな小さなキノコだがえらく神秘的であった。

帰り、駐車場で車を出すことができず、待っている間Kさんというこれまたおもしろガイドさんの話を聞く。

北斗七星、アルタイル、ベガ、北極星。

竜舌蘭、八丈島の冬。
コンビニなし、ATMが土日やってないなど。

でもそれらを差し引いてもいいところだと思うがな。

帰り。

大吉丸、という居酒屋で島焼酎。島寿司、生のオクラ、劇的にうまい。
初めてくさやに挑戦。
くさいが案外食べれた。
うま味成分が強いと思う。
食べれる人、れない人、2:2です。

こうして更けていく一日目の夜。




みかさま

ありがと~、ライブ参考にさせてもらうわ。
熱中症に注意だわね。

かんかん、ちいさま

夏はやっぱね、ルービーだわね。
がしがし飲んだよ。
ちいさま、あなたも相当だわね。
今度ご一緒させていただきたく存じます。
スポンサーサイト



[2011/07/16 10:47] | 未分類 | コメント(0) |
<<食べ終わりに近いけどぉ~ | ホーム | 堪能中。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR