FC2ブログ
たまには比較的マジメな話など 。
昨日夕飯をもぐもぐ食べながらテレビを見てたら、家族の承諾で脳死移植のニュース。

となりでは両親がごろ寝してたので、

どーよ?このニュース。両親はすごい決断をしたよねぇ

と問い掛けた。

ま、口頭では意志があったようだけど、それでも英断だよな~。脳死とはいえど、身体はまだ温かくて、心臓は鼓動してるわけだし。
もし自分に子供がいて、このような決断ができるか?
といったら、そこまでは踏み切れないかもしんない。

肝心の両親。

トウチャンは本人に意志があったんだからしょうがないんじゃん。と、あくまで本人の意志尊重派。

カアチャンは、臓器提供意志カードがあっても絶対渡さない!
とかたくなだ。

ワタクシ、臓器提供意志カード、財布に入ってるんですけど…

彼女が生きてる間に私が脳死しても、臓器提供は難しいようです。

自分個人としては死んだらただの物質だし(中学の時の理科の先生がしてくれた、人間は物質にしたらたかだか2千円の価値しかない、という話が忘れられない)、誰かの役にたつなら、それはそれでいいんじゃないかなぁ、と。

臓器を人工的につくるとなったらえらいコスト高ですよ。

しかしそれぞれの病院に臓器が振り分けられ、手術が行われ、今、心臓なぞは補助なしで動いてるらしい。

提供した人の両親も、息子の一部はまだ生きてるんだ、と思えることで、それがこれからの生きる支えになっていくのかも。

しかし臓器移植をコーディネートするその基準はなんなんだろう。
移植された人はみな一様に、突然でびっくりした、といってるし。

移植する先の病院の技術、受ける人の進行具合、もろもろが管理されてて、移植いけそう!となったら、連絡がぱーっといくのかしら。

ま、あくまで妄想にしか過ぎませんけど。
スポンサーサイト



[2010/08/11 08:57] | 未分類 | コメント(1) |
<<免許更新。 | ホーム | カフェにみえるけど病院です。>>
コメント
村上隆だったか立花隆だかの『脳死』を読むとなんとなく脳死が近くなります
って もう10年前のデータですが(笑
[2010/08/12 00:16] URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR