FC2ブログ
黄鶴楼の思い出と。
さくらは散り始め。

やはりオーガニックは私には合わないのか…
おなかピーピーでござる。
こうなってくるとトラウマになりつつあるな…うむ…

やっぱり白い米が好きだ!

さておき。

昨日は非常に楽しいひとときであった。
これまた中学のときの部活の友達と。彼女は丸ノ内で働いているので意外にもご近所さんなのだ。

野菜が食べたいというリクエストのもと、表参道ヒルズへ。
料理はフツー、接客もビミョーだったが、ワインはおいしかった。温度もちゃんとしてたし。

ま、あまりごはん食べずにマシンガントークだった、というのもあるけど。

や~
よくしゃべったな~

ちゃんと二人で話したことなんてあったっけ?
でもやっぱ下地なんだよな~
学生のときの友達は、どっか違うんだよな~
ちゃんと話せた。
アハ。心配まるで無用。

こんなに時間経つのが早く感じたのは久しぶり。
前回の集まりで、あまり話せなかったので昨日の飲みになったのだが、話題が全然尽きないの。
食べものネタなのが笑えるけど。


私は彼女の冷静さだとか、頭の回転の早さだとか、ほんとに昔からすごいわ、と思ってたけど、ここへきてもやはりそのあたりは変わらなくて、やはり私は彼女も含めた女バレを愛してるんだわ~、と思った。

大袈裟ですかね?
でも心からのきもち。

尊敬できる友達はよいものだ。

部活という小さなコミュニティの中で、それぞれいろんな人がいて、でもそれなりにいろいろ考えてたりしたわけだ。
そう考えてみると、中学生っちゅうんは案外もう大人なのかもしれん。


彼女からのメール。
黄鶴楼にて、の漢詩を思い出した、といってた。
あれは李白が孟浩然を見送る詩でしたか。
中学で習ったよね、たしか。いい詩。

実際黄鶴楼の思い出といえば…、

黄鶴楼=武漢=友達とバックパッカーとして訪れた=ホテルに泊まる=夜中知らない人(男)から電話がかかってきた=あんた誰、ときいた=おまえの友達だと言われた=しらねぇし!=ガチャンと切る=ひぃぃ~と言いながら、部屋にバリケード築く=怖い思いをしたまま朝を迎える、


といった、なんだかな、といった思い出しかありません。


話がそれてしまった。

ま、もぎゅもぎゅの会を再び開催することを約束して、楽しいひとときはお開き。
スポンサーサイト



[2010/04/09 08:55] | 未分類 | コメント(0) |
<<千鳥ケ淵、靖国神社。 | ホーム | やさい家めい@表参道ヒルズ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR