FC2ブログ
体調経過。
先週から父→母の順に風邪症状あり。

んでついにわたくしにも。

絶対わたしにうつさないで!!と言ったのだけど、笑、生活一緒にしてるとだめね。


4月23日 木曜日 出勤
夕方 のどに違和感
会社にいる間はずっとマスクしてます。

-----

4月24日 金曜日 在宅
鼻水

夕飯後37.1度
すぐに就寝

23時 起床
テレビ観ながら鼻づまりのお灸
お灸すごいよ。
あっという間に鼻通る。

このテレビがほんとにおもしろくてさー。
2001年制作 中国 成都から昆明への鉄道の旅
伊原剛志が旅人

中国の旅行のおもしろさは鉄道にある、といっても過言ではないかも。
強烈な生活臭、田舎の人たちとの会話とか。
なつかしさでいっぱいになりながら観てた。


ようやったよなー。
大連~瀋陽(遼寧省の省都)
大連~丹東(北朝鮮との国境の街)
大連~ハルピン
大連~北京
武漢~上海
上海~杭州

ほかにもたぶん乗ったけど忘れたな。

软座
硬座
硬卧
软卧

と等級があってさ。
寝台でも三段、狭いし、毛布は重いし、湿ってるし、でもお湯は自由に使えるので、お茶はみんなコーヒーの空き瓶にいれて飲んでた。

弁当も米はまずいが、おかず、主に炒め物はまだまし、とか。

車窓から見える景色はもうずっと同じで、ひまわりの種をたべるしかひまをつぶせない。
地球の歩き方は読み込み過ぎた。

汽車のチケットは自分で買うのはほんとに困難で、販売員はめちゃくちゃ態度が悪くて、いつも没有(ない)、てひとことだけ。

いやー。
鍛えられたねー・・。

少数民族の暮らしや踊り、あの時代の中国はもうないのだろうなー。

さみしす。

ま、そんな感じで見終わってから入浴してたら、強烈な動悸

その日、といっても夜中の3時とかだが、眠れず。

-------

4月25日 土曜日
横になっていても、ずっと動悸
熱 37.3度

15時 少し食事(太巻)
のどの渇きあり

20時 葛根湯と救心
熟睡

-------

4月26日 日曜日
5時半 36.6度

昼 お好み焼き
夕方 昼寝

18時 37.3度
夕飯 ほんのすこし。

頭痛あり。ナロンエース飲んだら治る。

会社に体調報告。

風邪の症状だけど、いつもと違う感じ、動悸や頭痛もあるとの話をして、コロナの線も捨てきれない旨を伝える。
咳や倦怠感はなし。


仕事の件で同僚にメールして、おまかせできるところはまかせる。
ほんとにみんな忙しいのに申し訳なし。

その中の一人は、1月末におなじような症状だったと。うむー。


-------

4月27日 月曜日 在宅の日だが勤務せず。

2時半
とにかく寝汗がすごい。
しかも下半身だけ。
なんでだ?
3枚くらい着替えてる。

37.6度
血圧高く(175/111 脈拍101 マジ?こんな上がったことないぜー)
救心を飲む
動悸あり
胸に圧迫感あり
空咳あり

眠れず

6時 36.9度
食欲なし
嗅覚味覚あまりわからず。

うーん、今回のコロナウイルスは、血圧を調整する能力を壊す力を持っているようなので、若干不安あり。

会社の人から色々アドバイスいただいて、埼玉の相談センターや、厚生労働省の窓口に電話。

埼玉はねー、全然電話つながらないでよ。
わたしはまだ倦怠感とかないから、かけられるけどさ、ほんとに体調悪かったら、これはなかなか厳しいものがある。

厚生労働省のほうも何度かかけて、ようやく。
単純に話を聞いてもらうだけ、てかんじ。
やはりコロナだと、基礎疾患や年寄りじゃない限り、37.5度4日以上、という定義があるので、例えば埼玉の相談センターにかけても、自宅で様子見て、といわれるでしょうねー、との話。
ここで医療破壊を食い止めてるんだろうなー。

でも話を聞いてくれる方も感じ良いし、たぶん話を聞いてくれるだけで安心感みたいなものは得られるかもな。ここに電話をしてくる人の大半は。
そういう役割なんだろう。

午前 再び熱上昇 37.4度
微妙に37.5度が続く、てことがないんだよな 笑
いっそ続いてくれた方が話が早いんだが。(不謹慎)
血圧高し。脈拍は106


はっきりいって今の時期病院もあまり行きたくないんだけど、しょうがねえ、近くの病院へ行くか。

ちと昼寝してから、午後歩いて病院へ。
ほんとに熱あるだけで、倦怠感とかないんだよね。
これもっと熱あって、倦怠感あったらつらいだろう・・。

15時 病院の入り口に、事前に電話ください、て貼り紙ある。だよねー。
でも来ちゃったし。
受付の人に説明して(すんごい嫌そうな表情。ま、当然だ)、でもうち発熱外来やってないんですけど、といわれ。
はぁ、そうですか・・
といったら、不憫に思ったのか、先生に話をしてくれて、診てもらうことに。

んで、案の定医者に怒られる、ていうね。
たしかに、こんな患者急に来たらいやだろうね。
わたしでも嫌だもん。

んで、聴診器、今って服の上からでも大丈夫なんね、で診てもらい。

症状説明して、ペニシリン系抗生物質と解熱剤、血圧下げる薬を5日分くれた。

はっきりいって、今の様子だとなんともいえない、とのこと。
ここではPCR検査はやってもらえないのよね。
ま、しょうがない。

これ定義。



埼玉の場合は、これ。

もう一工程ある。




18時半 夕飯食べて、抗生物質と解熱剤だけ飲む。

1時間後、一挙に血圧下がった。
す、すげえ、抗生物質。
熱も37度に。

西洋医学バンザイ。
これは屋久島で病院いったときも思ったことだが。

変わらず下半身の寝汗だけはすごい。
あたくしの布団はしゃみお汁だらけや。うへー。

-----

4月28日 月曜日

3時
寝汗のせいであんまり眠れない

5時半 朝食
薬飲んで横になる

両親はともに4日間程度で全快したので、わたくしも?!


9時
ともに平熱、血圧脈拍正常値

11時 再び血圧上昇
すこし動悸あり。

薬の効き目が6時間程度なら、ある意味納得。

11時半
埼玉県の相談センターに電話つながる
お?
今回はたったの数回で?!

繋がった瞬間よくわからず 笑
ずっと音声録音と、音楽のループなので。

あー、ようやく繋がりましたー、と伝えとく。

症状伝えたら、昨日の医者の見解と同じ。
ガイドラインの定義から外れるので、様子見。
もし息苦しさや激しい倦怠感があったら、電話ください、とのこと。
いや、だから電話がつながらねえんだってばさ。

ま、それは言わないけど。

お昼食べてから血圧脈拍はかったら、これまた高い。
熱は37.2度
少しのどに詰まる感じ
空咳少し

夜中までその状態が続く。

寝汗変わらず。
足裏からの寝汗がほんとにすごい。
ずっと汗かいてるので、皮がふやふやよ。

毎夜3枚くらいしたあと下だけ替えてる。
なぜか上半身はかいてないのだ。

-----
4月29日

5時半 36.6度
血圧は少し高め
脈拍は正常値

薬なしで過ごしてみる。

36度後半から、37度前半をうろうろ。
血圧は高めの状態がずっと続いてる。

朝から洗濯と掃除。
布団干してシーツを洗う。
汗だらけだからな。。。

昼間 ご飯食べて、かっぽれ締 をみる。
やっぱおもしろい。
池袋の演劇協会の賞をとっただけある。
撮った時期の違うもの2枚を見比べ。

やっぱお客さんの反応も、お芝居の演出も、俳優さんの力加減も、変わらぬところもあるけど、変わったところもある。

おもしろいーーーー!!!

お芝居はナマモノなのだ。

そしてこういった時期だからこそ、こういう心の栄養は必要なのではないか?と思った次第。

落語、宿屋の仇討ち、おもしろいな。
おもしろついでに、小さんの宿屋の仇討ちを動画で見る。

お芝居の方がおもしろかった、ていうね・・。


昼寝して、夕方さんぽ。

45分ぐらい。


-----
4月30日

結局寝汗で2時半ごろまで眠れんかった。
でも当初はふとももから足裏まで、びっしょり、が、そのうち、足の下部だけ、今は足裏だけ、となった。
熱が下がるごとにこうなんのかしら。

今の体温計は予測値で数秒後にわかるじゃない?

実はそのまま10分ぐらいそのままの状態でいると、実測値になるって知ってた?
予測値より0.1-0.3度くらい低くなります。
高くなることはない、ということを学習しました。

そして食事後は高くなる。
0.2-0.4度くらい。

今日はほんの少し血圧高め。
36.9度。

昼食前で36.8度。
昼食後で37.4度。

しかたねえ、薬飲むか・・
解熱剤もあるんだよな、これ。
あんまり飲みたくないけど。

熱上がったり下がったりで、正直よくわからんね、自分のことながら。

幸いだるさや息苦しさがないのがよかったけど。

微熱、てボディブローのようにじわじわくるね・・。
体重少し減った。
ちょっとうれしい。


相談センターへ電話。
ま、もちろん数回かけてようやく繋がるんだけどさ。

寝汗について確認。
風邪の症状でもあるし、肺炎の症状でもあるし、て、ぬお、不安になるやんけ!

しかも重症化するのは7日以降、とかさー。
よくなっても、また悪くなることもある、とかさー。
あ、ちなみにラインの埼玉県からの質問に正直に答えたら、定期的に確認のメールが来ます。
フォローアップはしてくれてます。


例えばこれで、体調悪くなりました。
電話かけました。
次の段階に進むとしてさ、保健所からの案内は7日以降になる、とかさ。
えー!
お役所仕事ー!
非常事態宣言出てなかったっけ?

さらに聞くと、保健所は閉まってるけど、最悪こちらで対処はいたします、とのこと。

そ、そうなの?

でも病院はどこも断ってくるぜ。
医療崩壊防止のために。
しかも埼玉はいやな実績二件(自宅療養中になくなった)、今日も緊急対応できなくてお一方なくなってるわ。

電話をひたすらかけまくる、という家族の協力なしには病院にすら行けないのだ。

ちなみに三芳町には積極的にPCR検査をしてくれるクリニックがあるそうな。

よほど緊急、息苦しさとかない限り、次のステージに進めないのさ。
おお、なんというハードルの高さ。

でも今の時期病院行きたくないから、ま、これはこれでよいのだけど。



ベッドの中でメール整理。
お、おいつかねぇーー。

足裏からの汗はずっと続いてる。


-----

5月1日

昼寝をしないで寝たせいか、2回ほど目が覚めただけとなった。
その都度経口補水液。

足裏からの汗のみ。でも前にくらべたら、だいぶ量が減った。


朝5時半
平熱
血圧脈拍正常値


近所を30分ほど散歩

息切れる。
体力落ちた?
もしくはマスクのせい?

9時半 仕事

お昼食べて、また仕事


特に体調変化なし。
体温は37.1度。

で、今更ながら体温について調べたのさ。
日本人の平均体温は36.89度。

て、結構高くね?!

37.2度までは平熱・・
おまけに活動しているときは37度を超えるのは普通とか。

わたくし普段は36.4-36.6度くらいなので。
こ、これは、大丈夫なのか?



これで今夜熱や、足裏の汗がそれほどでなければもう大丈夫かしら?

まだ一抹の不安は感じつつ。



今回家族や会社の方や、友達、みなに心配をかけて、また色々調べてくれたりとか。
ほんとに感謝しかない。

今回はたぶん風邪なんだろうけど、ほんとにいつものと違ったのよね。

私の場合

のどいがいが→鼻水→熱→1日寝る→大量の汗→咳→全快

の工程なのだが、今回はちょっと違って

のどいがいが→鼻水→微熱→激しい動悸→少し頭痛→微熱と平熱をいったり来たりを数日間→その間大量の足からの寝汗、特に足裏→徐々に寝汗の範囲狭まる→少し空咳あり

という経過。



わたしがコロナにかかる確率は低いはずだが。
父は自家用車で畑仕事、とはいえ、人には少し接してる

母、1週間に二度の買い物、毎朝のラジオ体操は距離をあけてる

しゃみお 週2回の電車通勤。
朝も人は減った。夜はほぼ終電なので一車両に数人。


しかしヨーロッパでは息をするだけでうつるエイズ、のような感覚らしいしな。
どんだけ感染力強いのさ。


配達物は毎回シュッシュするようにした。
案外ここかもしれんしな。


抗体検査ううけたらどんな結果なんでしょ。


ほんとにさ、何冊か本読んだけど、もう闘う、じゃなくて、共存、なんだよな。
これまでの歴史からもこれからも。

そして淘汰され、抗体を持った人だけが残る。
たぶんこれが現実。

とりあえず報告終わり。




















スポンサーサイト



[2020/05/01 21:45] | 未分類 | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR