FC2ブログ
限界ぎりぎり
今日は成都から九サイ溝へ。もうすでに10時間以上バスに揺られてます・・・。
えらい山奥です。途中雨が降って土砂崩れがあったとかで、2時間以上足止めを食らいました・・・。
何度も身の危険を感じるほどの細い道と、運転手のドライブテクニック。ほんとに生きて日本に帰れるんでしょうか・・・?あと2時間でホテルに着くといってますが、ほんとかね・・・?お尻が限界に近いです。


朝6:50に旅行社の人がロビーに迎えに来てくれるというので、6:30にはチェックアウトするようにする。
すでに旅行社の人が迎えに来てた・・・。
はぇぇ。

マイクロバスでいくつかのホテルをまわっていくらしい。
私たちの次に拾ったのが、実はkainingでした。
はじめ、私とM子は彼を香港人だと思っていた。
あまりに中国人ぽくないので・・・。
つぎに3人家族。のちのち色々と話題を提供してくれる家族です。

その後大型バスが多く集まる場所へ到着。
すでにたくさんの人たちが~~~。
ここで30分以上待たされる。
そして、ようやく乗車、と思ったら、すでに定員一杯。
これからの長旅、なんとM子と離れ離れになってしまった。
なんてこったい。
でも、しょうがないので私は運転手の真後ろという席に。
考えてみると足を伸ばせるから楽な席ではあった。

今回のバス旅行、ガイドは周羽さんという、かわいらしいお嬢さん。
若いのに、よく勉強しているらしく、しゃべる、しゃべる。
成都の歴史のことから、食べ物のことまで。
でも、言っていることの3分の1くらいしかわからなかった・・・。
うぅ・・・。

10:00。
山道にて突然バスが止まる。
前にも、うしろにも、対抗車線にも、おなじような旅行バスがたくさん。
下のほうをみると、おそらく100台くらいあったんではないだろうか。
でも、この突然の停車にも、ガイドのねえちゃんの説明はなし。
中国人も誰も尋ねようとはしません。
バスの中のテレビが突然つきました。
漫才をやってます。
バスの中が笑いで満ち溢れました。
・・・おいおい、この状況は笑いが起こりうる状況なのか?
誰もなにも疑問に思わないのか?

とそこへ、さきほどの3人家族のお父さんが。
これは一体どうしたことだ?
気分転換にバスを降りてみてもいいのか?
などと聞いております。
おう!
それこそ私の待っていた質問だよ!よくぞ言ってくれた!

ガイドのねえちゃん曰く。
この先たぶんがけ崩れがあったんだろう。先週もこの道を通ったけど、同じような感じだったから、あと二時間もすれば車も動くだろう、とのこと。

さ、さすが、中国・・・。
がけ崩れも計算のうちですか・・・。
これを見越して夜8時にホテル着、と言っているのですね・・・。
確かに日本では考えられないほどの山道。整備が全然なされておりません。
普通に岩とか転がってます。
こんなのが一発転がってきて、運悪く当たったりなんかしたら、間違いなく死ぬな・・・。
くわばら、くわばら。

漫才が終わって、映画カンフーハッスル(超おもしろかった!)も終わる午後2時過ぎ、ようやく昼食の場所へ到着。
速攻トイレへ。
おっと、中国の旅の必須アイテム、トイレットペーパーを忘れてはなりません。
中国のトイレには珍しくドアがあるよ・・・と思ったら、鍵が壊れてやんの。
M子と交代でドアを押さえる。

今回のツアー初の食事。
空心菜の炒め物、大根の煮物、冬瓜の煮物・・・などなど、計10品。
ご飯が恐ろしくまずい。なんかぼそぼそしてる。

バスに戻って、ガイドさんが
「食事はどうでしたか?」と聞くと、
みんな一斉に
「不好吃ーーー!(ブーハオチー:おいしくなーい!)」
と大合唱。(苦笑)
ここらへんは高度が高いからしょうがないんですよ、との説明。
ふむふむ、そうなのか・・・と思ったけど、今回のツアーの値段の安さも大いに関係があると踏んだよ、あたしゃ。

さて、朝も早かったし一眠りするかな・・・と思っていたところに、ガイドのねえちゃんの恐ろしい一声が。

この3泊4日のツアー、我々はいわば小さな家族のようなものです。ひとつ自己紹介をしていただきましょう!(と、おそらくこのようなことを言ったと思う)

ひぇぇ~~~!!!
この旅最大のピンチ、早くも到来!!
ま、まじっすか・・・?自己紹介ってもちろん中国語だよな・・・!どうしよ~~~!!!!!
M子はうしろの方の席だし~~!
頭の中が真っ白になっている間にも、代表者が前に出てきて次々と挨拶をしていきます。
私の脳みそはフル回転。
いまだかつてこんなに脳みそをつかったことがあっただろうか?(いや、ない。そしてこれからも)

そして、私の番。

みなさん、こんにちは。
ワタクシはしゃみおと申します。
この度日本から参りました。あ、友達と二人一緒にです。
しばらく中国語を話しておりません、たくさん忘れました・・・(と、なぜかここで拍手が)
みなさんとお会いできてうれしく思います。
どうぞよろしくお願い致します・・・。

が、がんばったよ、しゃみお!
脳みそをフル回転させた甲斐があったってもんだよ。
なんとか第一関門をクリア。

夜7:30過ぎ。
ようやく川主寺というホテルのある場所へ到着。
ここは中国でも大分西にあるせいか、まだ夕方のように明るい。

部屋はまあまあ。シャワーが出ないので、タオルでふくだけにする。
高度が大分高いので、なんとなく寒い。
朝と夜は冷えこむらしい。

疲れたのでどこへも出ないで速攻で寝る。












スポンサーサイト



[2005/07/05 20:06] | 中国 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR