今日のひとりごと。
アメリカでも忖度、がはやってるの?




古田新太の本気をみてみたい、と舞台のチケットを申し込む。

以前劇団新感線のときに、なんと舞台映えする方なんでしょう、とおもったもので。

ダンスの先生やられてたからねー
恋ダンスですら、キレがよかったからねぇ



んで抽選の結果当選したのね。
おー、と思ったのはいいんだけどさ、なんと肝心の古田新太は出ないのさ


ええー


なんでかといえば、この髑髏城の7人はシーズン、花鳥風月でキャストを変えてきてるのよ。

まじか。
下調べしないまま予約してしまった結果。


2枚とったので、どなたかおひとり

10月1日日曜日
14時からの公演
S席 13000円

行きたい方いらっしゃったらお声がけください。


http://www.tbs.co.jp/stagearound/kazedokuro/cast/



そういや森山未來も舞台映えしてたなぁー
彼の公演でもよかった・・のに。






スポンサーサイト
[2017/06/09 08:07] | お芝居 | コメント(2) |
おんやりょう。
上井草にて。

お芝居おもしろかった。

人間関係の心の機微、みたいなのを描かせたらほんとに逸品だわ。

消防署の内情がわかったし。
出動回数が消防と救急で、比じゃないよなぁ。
高齢化が進むことでさらに拍車はかかるんでしょうな。
ていねいな取材。

1時間半かー
休憩挟んでもう少し長くてもよいかも。
もっとみてみたかった。
続編もみてみたいし。

あんな上司がいたらよいねぇ、とか。
ミスしたら、部下に対してもちゃんと謝ってたなー。


そしてあの3人はどうなるの?

とか。

観客に想像の余地を残したしねー。


つぎは9月ね。
わくわく。


そういや会場に向かう途中で、昔ながらの駄菓子屋を発見。

強烈なキャラのおじいさん。

話好きで列が進まない!(笑)


となりのおばさんが、時間の余裕のあるときじゃないとダメね・・・
なんて呟いてる。

氷砂糖のくだりでは、われわれに食べさせながら、大東亜戦争←まずこの呼び方、で兵隊さんたちは、これなめてた。
これなめると、水いらないんだ、とも。

へ、へー。


あの、すみません、お芝居始まっちゃう・・・
なんてこたあ、聞きもしないおじいさんなのだった。
91歳。

ひえー。



[2017/04/17 08:57] | お芝居 | コメント(0) |
おんやりょう。
最終日の16日に同級生といくことにした。

楽しみ。

http://www.tokyogeijutsuza.co.jp/filename75.html

おんやりょう、とは。

彼女のお母さんから伺ったけど、それはまたあとで。



[2017/03/02 09:06] | お芝居 | コメント(0) |
さい、なげられて。
green flowers 最新作。

中野に着いてなんか食べよ~、とオムライスのお店。
そこで初めて地図を広げ、反対の改札口と知る。わわわ。


それでも受付3番目。
気合入れすぎ?
でも自由席だからさ~。

昨日は座り見の方もいらっしゃったようだが。

16時開演。

下記フライヤーより抜粋。

夫を看取って四十九日を迎える政子。
家族に、納骨も法要もしないと言い出す。
そんな政子を心配して集まるこどもたち、孫たち。
死人に口無し。
思いはすれ違い、思い出は食い違う。

感想。
とても面白かった。
この家族、というか親戚たちの会話とか、日常的にあるある、といった感じで。

ところどころ入る笑いどころとか。

なんか暖かい気持ちになるのよね~。

途中違和感、というか、異分子が現れるんだけど、それも最後近くでは普通に受け入れてる人たち。
あのお嫁さんもいってたけど、いい人たちなんだろうなぁ、と。

でもおばあさんの気持ちはいったいどこにあったんだろう?
本当のところは?

でも見ていて、家族、親戚て、こういういろいろ言いたいこといって、口喧嘩ぽくトゲトゲしたり、ほんわかしたり、それも含めて一つの単位なんだなと思った。

よくこんな脚本書けるなー。
すごい。

家の中、という設定のセットなんだけど、ほんとによくある家のかんじ。

壁にかかってる俳句とか。
散らかってるゴミ、食器棚の中、冷蔵庫とか。

役者さんたちもテンポよく。
孫たちいい子。
女の子ほんとに泣いてた?

なんにせよ観られてよかった。

前回横浜で観たときは、ゲネプロだったし、あまり話せなかったけど、今回は友達とも話せたし。

近いうち、また話ききたーい。
すんごく面白いんだよね~。

[2016/06/12 18:55] | お芝居 | コメント(0) |
日曜日は。
送られてきた大量のそら豆の皮をむいてから、横浜まで。

ゆでたて食べたけど、やっぱうまい。
もうほんとに、枝豆とそら豆だけは、どこの居酒屋で食べても、むー、と思ってしまうんだよなぁ。


今回のお芝居は美輪さん。
渋谷での公演は売り切れ、うー、新潟ならまだある、新潟にいくか・・・?

と思ってたところで、横浜で追加公演と。
おし、ぽち、とな。


お芝居観る前に、桜木町下車。
ぬおー、1時間しか自由な時間ないけどー?

カップヌードルミュージアム。
今度はここでマイチキンラーメンを作りたいものだよ・・。

とりあえず家族連れでいっぱい。





なつかしいのもある。






やべー
出るの遅くなった。
ここから直線でも1.6キロ。

いそげ。いそげ。



なんとか開演前5分には到着。

35分に出て、55分に着席。
ふー、汗が。

そういや、魔笛観たときも走ったよな・・。

毛皮のマリー。

美輪ワールドだった。
やはり美輪さんでなきゃ、というお芝居だと思う。
倒錯した母子の情は、寺山修司の実体験らしいが・・・。

その他の出演者の演技もとてもよかった。

裸のメンズたちは、微妙なとこだったが・・・。
残念ながら、きゃ、となる要素はなかったのだった。
いや、正確にはあったのかもしれないけど、どーとでもなかった、というのが実際のところ。
年取る、ていうのはさぁ・・・。

そして中華街をぶらぶら。

もうお粥しか食べないから。

@安記

もつとレバーのミックス
三鮮粥
油條

油條、なんでおかゆに浸すと美味しいんだろ・・・


あの学校の裏手、山を越えて、早朝油條を食べに行ったのを思い出したわ・・・。



そして中国茶。

お客さん、だれもいない。
あの喧騒はどこへやら。
のんびり。



ロンジンはうまいなー。



ごちそうさまでした。


中華街のメインストリートは、食べ放題が席巻。
つまらん、と思っていたが、少し外れると家庭的なお店があって、いずれも混んでいたので、そか、こういうところならよいかもな、と思った次第。

上海料理 萬来亭とか。
たぶんいける気がする。





[2016/05/29 21:20] | お芝居 | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR