FC2ブログ
お花見@浅草。
晴れましたなー。

やはり。というべきか。

集団での宴会は自粛要請、とのこと。

えええー。

ま、そりゃそうだよな。

しかし集まる。

浅草川沿い散歩~。

3キロくらいは歩いたんかね。



オリンピック・・。



とりあえず歩き飲み。



お嫁さんいたり。




・・源氏名?
吉原近いからか?






ええ天気やのー。




ほんとだー、下のほうはねじれてるわ。




コロナ仕様。
個別です。
頼んだら作ってくれてた。
ありがたし。

せっかくですから、お参りに。




30年東京に住んでて、初浅草という方が!!!
まじでか!

よかったねー。
観光だよー。

ここの浅草寺というのは、凶がやたら多いんだよな~。
案の定今日もお一方。

その昔初デートで、凶とかさー。
気まずいったらなかったわね・・(遠い目)

ぐるっとまわって。




ピンクラベル。
味は変わらない?
そして煮込みうまいね。
浩司。だっけ?

ホッピー通りで飲むときはここにしよう・・。

浅草といえば寄席だよな。
あー。もう久しくきてないな。
最近はもっぱら上野だからなー。

とはいえ、そちらも行けてないけど。
浅草のテキトーな感じは好きなんだけど、携帯が鳴りすぎるのがもうほんとにダメ。
憎悪の目で見た上に、お前の携帯なんか、ぼこぼこのばきばきにしてやるかんな!という妄想に取り憑かれてしまって、噺が頭に入ってこないのだ。
あれ、ほんとにもうどうにかしてほしい。

さて次は。

上野へ。

千里香?!

みんな羊大丈夫なんかー?

結果。
大丈夫でした。笑

そしてあの自動焼き機を絶賛。


トラジ?
桔梗?
あれ、なんかこれ食べたことのある食感・・

どこで食べたんだっけ?

あ、釜山で山登りした後にいった、あのドンドンジュが超絶うまい店か!?


おもしろかったー。

酔っ払いエピソードがほんとに。
もう。
自転車でひっくりかえる、を何回くりかえしているのか。
よく生きてるな。


わたくしには語るべきものがなんもー。

寮の男子トイレで寝てたことくらいだな。
あとは合宿で寝ながら吐いてたくらい(あぶない)


さすがにここでお開き。

日差しあびると結構疲れるんだよなー。



スポンサーサイト



[2020/03/21 19:55] | おでかけ | コメント(0) |
豊洲市場~チームラボ~北千住飲み。その2。
食べ終わった後は、豊洲市場見学。

とにかく、まあー広い。
歩き疲れる。



観光客を意識してるのかしてないのか。
動線はそんなよくない。

みなさん言われてるような、活気みたいなのは感じにくいつくりだわなー。

でもここに日本中から美味しいものが集まってくるんだなー。


そしてチームラボ。

一駅歩きます。

道すがら、オリーブみたいな実の木。
かわいい。







入場の時間まで時間あるので。
すぐそばでお茶。

そして入場。

当日の12時以降にQRコードが発行され、それで入場すんの。

なんと待ち時間ほぼなしで入れた。
なんで?
1時間待ちとか聞いたんですけど?

まずはじめに説明の映像を見せられ。
そして靴を脱いで入場。

ロッカーで手荷物を預けます。
ここはひざ下くらいまで水につかることになるので。
ストッキングの方は大変ね。



いくつだっけ?
ななつくらいのブースにわかれてるんだっけ?

とりあえず、そのそれぞれの場所にいく間は、暗闇を進むのね。
こどもは泣くかもな。



わかりにくいけど、結構急な坂、しかも水が流れてる中を登っていく。




そして人をだめにするクッションの素材の部屋、歩きづらい、わきには寝転がってる人多数、を抜けて。



スカートだとパンツ見えちゃうね、これ。やばし。





これが光ってんの。
メーカー名は不明。



映え、てやつですな。

そういや、事前にアプリいれとくと、色々操作できたらしいんだが。
その存在を忘れてて。
ここで使えるみたい。
他では使えなかった。



ここひざ下まで水のエリアね。





巨大風船のエリア。



これを自由に動かせる。
ふわふわしてるけど、ようぶつかる。
ま、痛くないけど。

童心にかえる父母。笑

楽しそうである。



ここは寝転がって映像を見るエリア。

同じものはひとつとしてない。




とまあ、大人3200円だけど、まあ楽しめたわ。
お台場もあるのよね。
行ってみたい。

携帯入れる袋とかたぶん貸してもらえた?
システムがよくわからなかった。

もう少し案内があるとよいのかも。




[2019/11/04 20:45] | おでかけ | コメント(0) |
豊洲市場~チームラボ~北千住飲み。その1。
父の誕生日が近いので。

お店の予約しようと思ったのだが、どれもピンとくるものがない。

そだ。
豊洲市場、いってみるか、というわけで。

特急つかいーの、築地で降りて、のりかえーの、
はりゃ、ここにはてんまめさんがあるんだった。
寄り道して、てんまめ買いーの、有楽町線にのって、豊洲でおりーの、さらにゆりかもめに乗って、市場前まで。

つか、遠い。
遠すぎるよ。

もっとよい方法はないのか?




そして広い。
下調べなしで行ったので。

駅降りて、さてどっちよ。
正解は右。

駅降りて。2時のほうに仲卸水産棟、そこに飲食店と物販、8時の方向が青果棟。ここにも数軒飲食店あり。

いってみると、さすがに人気店は大行列。
そこまでこんでない岩佐寿司さんへ。
10分くらいで入れました。
10時到着でこれなら、ついてるほうだよなー。

おまかせ握り。10貫で4000円だったかしら。
えらいスピードで握ってくれる。
こちらも負けじと食べますわ。

お酒はもちろんここにきたら、白鷹、褒紋正宗でしょう。伊勢神宮に納められてるお酒、即ち神様が飲んでらっしゃるものと同じものを口にできるなんて!
限られた飲食店にしか置いてない。

コップ一杯1000円ですけどね、うちの家族弟以外はみな飲みますんでね、もちろん発注しましたとも。

築地場内のときにも、朝7時から褒紋正宗頼みましてね、隣の外国の方に、ワオ、と言われたこともありましたっけねー。

思ったよりも色が黄色く、樽の香りがしてわたしゃ好きですわー。
樽酒好きなんだな。
いまさらだけど。

ここでは赤貝が美味しかった。
さすが貝づくしを出してるだけある。
また春に来たいもんだ。

比べるとあれだけどさ、ごはんあると満足感があるのよさ。わたしゃ酒飲みだけど、ごはんも食べたいからさー、昨日の店みたいにこぶりだと、どこまでも食べてしまう、ていう弊害が。

そして物販で怒涛の買い物。

生麩。



雪駄。

ちなみにうちの父は、結婚の許しを乞うのに新潟のうちの母の実家に行く際、角刈り、ダボシャツ、雪駄という出で立ちで現れ、新潟の親戚連中をざわつかせた経験がある。
えらいのが来た、と大叔父にまで呼び出しがかかったらしい。

(じいさん、よく結婚許したよな・・なんでこんな格好していったんだろ・・TPOというものを知らなかったのか)

本枯のかつおぶし。

チーズ。(おねえさんはとても感じがよかったが)

お茶。
うおがし銘茶。

ここのお茶はここの市場内で重宝されてるらしい。(にゅう、のほう)
高い温度でいれても平気みたい。
すこし香ばしい香り、さっぱりする!
これで舌の上の魚の脂を落とすんだなー。





ほんものはこの黄色い色、らしい。

包丁研ぎの砥石みたり。

美味しい~
楽しい~

と非常に満足している模様。
ここまでのプレゼンは成功だ。







[2019/11/04 08:18] | おでかけ | コメント(2) |
猿島~横須賀~三崎口~三崎港。その2。
フリーパスを買ったので。

せっかくだし、三崎口まで行ってみようかと。

そこまで遠くなかった。

そしてバスで三崎港まで。

これは結構時間がかかった。
なんせ道が混んでいる。

半島の宿命?
伊豆も混んでるもんね。

まぐろとか野菜とか。



ん?
おー。残草蓬莱。
さすがに買わずに。
遠いからのー。

変わった野菜買って。
赤毛瓜 モーウイだって。
はぐらうりみたいな感じかしら。

はぁー
あちぃ

岬、という名の喫茶店に入り。
涼をとって。
高校野球で小樽の高校を応援し。

まぐろを買い。
背の部分は希少らしい。

まぐろを食べ。



バスに乗り。
渋滞に巻き込まれ。

45分立ちんぼ。

ぐったりし。

京急に乗って帰る。


品川でいっぱい。いや二杯。




[2019/08/11 17:48] | おでかけ | コメント(0) |
猿島~横須賀~三崎口~三崎港。その1。
早起き。
8時品川集合。

横須賀中央まで。

歩いて港まで。



船に乗り。

猿島。







愛のトンネル?



海は良い。

1時間で見終わって。

10時45分の船に乗る。

歩いて。
ドブ板通り。



ハニービー。
パテの食べ応え半端ないっす。
でもパサパサしてる。
水、水をください。



雰囲気は良い。

忙しい時期なので、決まったものしか頼めないのは残念でした。

[2019/08/11 13:48] | おでかけ | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
しゃみおののほほん日記


最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

しゃみお

Author:しゃみお
毎日のほほんと生きてます
Twitter:shamio555

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR